会社設立のウソ?ホント!

会社設立の際かかる費用は?

会社設立の際かかる費用は?

会社設立っていったいどのくらいの費用がかかるのか不安ですよね。「とんでもない金額がかかりそう」そんなイメージをお持ちではないですか?実は、そんなに「とんでもない金額」ではないんですよ!

費用は・・・

会社設立には、様々な手続きが必要となります。その手続きに発生する手数料が会社設立にかかる費用と言えます。そのため、ほとんどが役所や法務局などに支払うものとなります。その支払いの場所は、手続きの場所などによって異なりますので、その都度確かめましょう!!

まずは、費用のひとつとして、登録免許税というものがあります。会社設立をするためには登記が必要となりますよね。登記とは、会社を設立するにあたり、必要な条件を満たしているかどうかを確認するための成立要件です。商号・目的・本店所在地・資本金の額・取締役名などの登記する必要のある項目をすべて記入した書類を法務局へ提出した後、会社設立が成立します。そして、その会社の登記を商業登記簿というものに掲載してもらわなければなりません。そのときに発生する手数料が登録免許税となるのです。これは登記申請時に支払うもので、最低15万円となっています。資本金の額によっては、さらに高くなる場合もあります。

次に、定款の認証時に必要な認証手数料というものがあります。定款とは、会社についての根本規則のことを言います。会社設立時に、会社の組織についてや、運営などなど様々なことを定め、作成しなければなりません。作成した定款は、公証人の認証を受けて初めて定款と認められることになります。その定款の認証時に発生するのが認証手数料で、5万円の費用がかかります。その他、印紙代として4万円も支払わなければなりません。最近は、この定款を認証する電子証明書というものがあり、専用のソフトでも電子定款の認証ができるようになっています。その場合は、印紙代も必要ありませんので、その専用ソフトなどにかかかる費用のみで行うことができます。

その他は、会社設立後にかかる費用です。例えば、会社の謄本を取得する際にかかる手数料が1,000円。その他、会社の印鑑証明書を取得する際に500円がかかります。それらを含めて、会社設立にかかる費用はおおよそ、250,000円と言われています。この額はあくまでも目安ですので、自分の場合はどれほどかかるのか、しっかりとチェックしましょう。また、このほかにも、代表者印の作成などいろいろと行うものもある場合は、それ以上に費用がかかりますので、やはりこの場合も、しっかりとしたチェックが必要ですよ!!